本文へスキップします。

H1

文豪のまち文京区

日本近代文学と文京区

日本近代文学と文京区

観潮楼跡に設立された文京区立森鷗外記念館

~文豪に愛された町~

明治十八年(西暦1885年)。坪内逍遥が、『小説神髄』を発表したのが、本郷真砂町18番地(現在の本郷4丁目)、炭団坂の上でした。
日本の近代文学の出発点ともいわれるこの作品の発表を皮切りに、文京区は、近代文学の潮流の中心地として、文学とともに発展してきました。
旧帝国大学(東京大学)がおかれた本郷地区を中心に、学問に必須である出版・印刷業が栄え、多くの知識人や文化人が集まりました。同時に小説家や詩人たちも居を構え、後世に残る優れた作品を多数残しました。
文人たちの生活の場であったと同時に、彼らの作品の舞台としても、文京区は数多くの作品に登場しています。
また現代においても、小説や漫画、アニメ等でも、文京区は数多くの作品の舞台として登場しています。

文京区が登場する作品(一部)

  • 『雁』森鷗外
  • 『青年』森鷗外
  • 『吾輩は猫である』夏目漱石
  • 『三四郎』夏目漱石
  • 『にごりえ』樋口一葉
  • 『天鵞絨』石川啄木
  • 『D坂の殺人事件』江戸川乱歩
  • 『伝通院』永井荷風
  • 『足跡』徳田秋聲
  • 『湯島詣』泉鏡花
  • 『舟を編む』三浦しをん
  • 『ちはやふる』(漫画)末次由紀

文京区ゆかりの文人

森鴎外

森鴎外1862-1922

本名 森林太郎

明治6年、11歳で東京医学校予科に入学。学校があった本郷の加賀屋敷跡の寄宿舎に入る。東京大学医学部を卒業後、4年間のドイツへ留学。
帰国後は軍医の傍ら、翻訳・小説・戯曲・評論等を発表し、明治・大正時代を代表する文人として活躍。
千駄木団子坂上にあった「観潮楼」には1892年から1922年に60歳で亡くなるまで暮らした。
現在「観潮楼」跡には「文京区立鷗外記念館」が設立され、森鷗外のさまざまな側面からの魅力を紹介している。

代表作

『舞姫』『阿部一族』
『青年』『山椒大夫』
『雁』『高瀬舟』 等

夏目漱石

夏目漱石1867-1916

本名 夏目金之助

明治17年、小石川植物園下の新福寺の2階に、牛込の自宅を離れ友人と住み、大学予備予備門に入学。
東京大学英文科卒業後、東京高等師範学校の講師となり、小石川伝通院のそばの法蔵院に間借りした。この場所から『坊ちゃん』の舞台である松山中学へ赴任した。
明治33年、英語研究のためイギリスへ2年間留学。その後千駄木に住み、小泉八雲の後任として東京大学英文科の講師となる。なお、処女作である『吾輩は猫である』は千駄木で書かれたもの。

代表作

『吾輩は猫である』『草枕』『坊ちゃん』『三四郎』『野分』『虞美人草』 等

樋口一葉

樋口一葉1872-1896

本名 樋口奈津

24年間の短い生涯のうち文京区内在住期間は約10年余。
明治9年、4歳の時から5年間を過ごしたのは東京大学赤門前(法真寺東隣)。下谷時代(現台東区)には、14歳で小石川の安藤坂の歌塾萩の舎(はぎのや)に入門、和歌と古典の勉強に励んだ。
父の病死で若くして戸主になった一葉は、半井桃水に師事し、小説家を志す。
その後、下谷竜泉寺に移るが再び戻り、亡くなるまでの2年6か月間に名作を書き、24歳8か月の若さで亡くなった。

代表作

『大つごもり』
『たけくらべ』
『にごりえ』『十三夜』等

石川啄木

石川啄木1886-1912

本名 石川一

明治19年2月20日、岩手県に生まれる。
最初の上京時に下宿したのは、現在の音羽一丁目八幡坂上。2度目の上京では向ヶ岡弥生町。3度目の上京では、北海道での放浪生活ののち、明治41年に、同郷の先輩金田一京助をたよって、菊坂町の赤心館に下宿した。 家賃の滞納で森川町の蓋平館別荘に移り、家族を迎えて弓町の喜之床(現・新井理髪店の地)に移る。明治44年、小石川久堅町に移り住み、翌年没。
現在、終焉の地には歌碑が設けられ、隣接する高齢者施設内に「顕彰室」が設置されている。

代表作

『一握の砂』『悲しき玩具』『呼子と口笛』『時代閉塞の現状』 等

文豪一覧表

名前 ふりがな 肩書き 年代
有島 武郎 ありしま たけお 小説家・詩人 1878~1923
石川 啄木 いしかわ たくぼく 歌人・詩人・評論家  1886~1912
伊藤 左千夫 いとう さちお 歌人・小説家 1864~1913
井上 円了 いのうえ えんりょう 哲学者 1858~1919
井上 哲次郎 いのうえ てつじろう 哲学者・詩人 1855~1944
宇野 千代 うの ちよ 小説家 1897~1996
江戸川乱歩 えどがわ らんぽ 推理小説家 1894~1965
円地 文子 えんち ふみこ 小説家 1905~1986
尾崎 紅葉 おざき こうよう 小説家・俳人 1867~1903
大町 桂月 おおまち けいげつ 詩人・随筆家・評論家 1869~1925

名前 ふりがな 肩書き 年代
川口 松太郎 かわぐち まつたろう 小説家・劇作家 1899~1985
河東 碧梧桐 かわひがし へきごとう 俳人 1873~1937
川端 康成 かわばた やすなり 小説家 1899~1972
菊池 寛 きくち かん 小説家・劇作家 1888~1948
木下 順二 きのした じゅんじ 劇作家 1914~2006
金田一 京助 きんだいち きょうすけ 言語学者・国語学者 1882~1971
北原 白秋 きたはら はくしゅう 詩人・歌人 1885~1942
草野 心平 くさの しんぺい 詩人 1903~1988
窪田 空穂 くぼた うつぼ 歌人・国文学者 1877~1967
窪田 章一郎 くぼた しょういちろう 歌人・国文学者 1908~2001
小泉 八雲 こいずみ やくも 英文学者・小説家・随筆家 1850~1904
幸田 文 こうだ あや 随筆家・小説家 1904~1990
幸田 露伴 こうだ ろはん 小説家・随筆家・考証家 1867~1947

名前 ふりがな 肩書き 年代
斉藤 緑雨 さいとう りょくう 小説家・評論家・随筆家 1867~1904
佐佐木 信綱 ささき のぶつな 歌人・国文学者 1872~1963
サトウハチロー さとうはちろー 詩人・小説家 1903~1973
佐藤春夫 さとう はるお 詩人・小説家・評論家 1892~1964
島木 赤彦 しまき あかひこ 歌人 1876~1928
島崎 藤村 しまざき とうそん 小説家・詩人 1872~1943
釈 迢空・折口信夫 しゃく ちょうくう・おりぐちしのぶ 国文学者・民俗学者・歌人・詩人 1887~1953
杉浦 重剛 すぎうら じゅうごう 思想家・教育家 1855~1924
瀬戸内 晴美 せとうち はるみ 小説家 1922~

名前 ふりがな 肩書き 年代
高村 光太郎 たかむら こうたろう 詩人・歌人・彫刻家  1883~1956
高浜 虚子 たかはま きょし 俳人・小説家 1874~1959
竹久 夢二 たけひさ ゆめじ 詩人・画家 1884~1934
谷崎潤一郎 たにざき じゅんいちろう 小説家 1886~1965
坪内 逍遥 つぼうち しょうよう 小説家・評論家・劇作家・英文学者・教育者 1859~1935
寺田 寅彦 てらだ とらひこ 物理学者・随筆家 1878~1935
徳田 秋聲 とくだ しゅうせい 小説家 1871~1943
戸川 昌子 とがわ まさこ 小説家 1933~2016

名前 ふりがな 肩書き 年代
直木 三十五 なおき さんじゅうご 小説家 1891~1934
永井 荷風 ながい かふう 小説家・随筆家 1879~1959
中島 歌子  なかじま うたこ 歌人 1841~1903
夏目 漱石 なつめ そうせき 小説家 1867~1916
半井 桃水 なからい とうすい 小説家 1860~1926
新渡戸 稲造 にとべ いなぞう 農政学者・教育者 1862~1933
野口 雨情 のぐち うじょう 詩人 1882~1945

名前 ふりがな 肩書き 年代
馬場 孤蝶 ばば こちょう 翻訳家・随筆家・英文学者 1869~1940
樋口 一葉 ひぐち いちよう 小説家・歌人 1872~1896
平塚 らいてう ひらつか らいちょう 評論家 1886~1971
二葉亭 四迷 ふたばてい しめい 小説家 1864~1909

名前 ふりがな 肩書き 年代
正岡 子規 まさおか しき 俳人・歌人 1867~1902
宮沢 賢治 みやざわ けんじ 詩人・童話作家 1896~1933
宮本 百合子 みやもと ゆりこ 小説家 1899~1951
森 鴎外 もり おうがい 小説家・戯曲家・翻訳家・評論家・軍医 1862~1922

名前 ふりがな 肩書き 年代
若山 牧水 わかやま ぼくすい 歌人 1885~1928
※参考 「文京ゆかりの文人たち」 文京区教育委員会